必ず身分証明書を用意しよう

自宅で眠っているブランドのバッグや時計などは買取店で売って処分することが可能です。ただ初めて買取店を利用するに当たり、どのような準備をすればいいのか分からないものですよね。ブランド品を売る場合に絶対に忘れてはいけないことは、身分証明書を準備することです。店頭買取でも宅配買取でもブランド品を売却する際は必ず身分証明書の提示が求められるからです。これは、盗難された物が売買されないように法律で定められています。身分証明書を提示しないと絶対にブランド品を買い取ってもらうことができません。したがって、免許証やパスポート、保険証や住民基本台帳カードなど自分の身分をきちんと証明できるものを持参することが大事です。

ブランドの品の保証書、付属品を用意しよう

ブランド品の買取店に行く際は、お店で購入した時についてきた保証書や付属品もきちんと準備することが大事です。保証書がない場合、そのブランド品をどこのお店で購入したのか、正規品なのかをちゃんと判断することができません。つまり、本当に値打ちがあるものなのか客観的に判断できないので売却価格が下がってしまいます。また、ブランド品は箱のデザインにもこだわっていることが多いため、箱や保存袋などの付属品が揃っているアイテムの方が人気が高くなります。つまり、査定価格もそれだけ高くなりやすいといえます。このようなことから、ブランド品を買取店で売る際は保証書や付属品が手元にあれば必ず一緒に持っていくようにしましょう。

店舗への持ち込みだけではなく、出張買取や宅配買取などロレックス買取には様々なサービスが設けられています。ライフスタイルに合わせてサービスを選ぶことが出来ます。